運動不足解消にロードバイク

 

電動ロードバイク「XROSS B1h」の中古を購入しました。

本当は、ロードバイクというよりも「軽い」「電動」がポイントです。

日常は、健康のためにも電動アシストは不要ですが、「横浜の急坂」の際にスイッチを入れます。

 

電動アシストのロードバイクの場合、

モーターアシストは、坂道の時にON

日常は軽いので、電動アシストがなくても、バッテリーが切れても、重くありません。

横浜は坂が多いので、本当に楽です。

横浜から、都内にある会社も満充電でOKです。

 

軽いと電車ののせられる。「輪行」

 

僕は、他にも7キロを切るロードバイクを持っています。

片手で持ち上げられる軽さ。

本や書類を入れたバッグと同じぐらいの重さです。

かさばるだけです。

出張も袋(輪行袋)に入れて持って行きます。

サドルの下に、荷物を入れてます。

ひっくり返して、ホイール(タイヤ)を外せば完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折りたたみ自転車と同じぐらい、簡単に分解をして、持ち運べます。

ちょっと大きいことが欠点ですが。

知らない土地でも、google mapですぐに移動できます.

電車と比べて、所要時間は1.2〜1.5倍だったりする。

DoorToDoorでたいして変わらなかったり。

突如のパンクには、タクシーに乗ってしまえば(日頃交通費を抑えているので)よいです。

また、ランニングと比べると、消費カロリーは50%減ですが、

週3回、何も行く目的のない運動が効率悪く、苦痛になることも多い。

自転車ですと、目的地に向かうし、カロリーは消費できるので一石二鳥です。

 

中古のB1hだったのか。

最近話題のYAMAHA YPJ-R(15Kg強バッテリー込み)

B1hは、13Kg(バッテリー込み)。 (中古で10万円ぐらい)

ホイールなど交換すると、10キロ代です。

駅のホームで乗り換えが苦痛でないように、2キロ軽いB1hを改造します。

モーターは、クランク(ペダル)に搭載していますが、これが重いのは仕方ない。

ホイールをカーボンに。

シートポストもカーボンに。

改造費で15万円になります。

 

何キロになるのか。

自分の体重を下げることが一番ですが、

僕も、健康体重を上下しています。

大人の趣味ショップ

僕の今考えている、ビジネスプランですが、

シンセやKAMI-OTOを開発していますが、

オーディオ、自転車、時計など、大人のオタクなショップを考えています。

自転車のカスタマイズなのです。さて、どうなるのか。