スマートウォッチ=ウエアラブルなデバイスブームが落ち着いた気もしますが、

以前より、研究で使い続けています。

 

ユードーは、AppleWatchやAndroid ウェア向けにアプリをリリースしていなくて

しっくりこなかったのです。

1)バッテリーが持たない。

2)格好良くない。

3)時計は長い間所有して色褪せないが、デバイスだと機能が陳腐化すると、使い物にならない。

 

スマートウォッチの中では格好良いとは思いますし、シンプルでいいのですが、

僕も、欲しいなと思います。でも残念なことがあって

コピーがちょっと、90年代的で笑えますし、お得なセットを販売って、これでは冷めてしまいます。

お得かお得じゃないか、で購入する価格ではないことと

理系な見え方ではなく、見て、着て、飾るものなので、これでは嫌になると思います。

 

時計とは、生涯使用するもので、20歳、40歳、60歳でも、その時の時代や文化

その人の身なりや服装にしっくりくるもの。時代に影響されないもの。

作り手の目線や文化が反映されると思うので、

目に見えないこと、感覚、満足度、いろいろ大変だとは思います。

 

 

僕は、3年間ぐらい、物忘れがひどい時期があって、最近治ったのですが、

グッズのバッテリーを気にして、休まらないことが多くありました。

例えば、自分はiPhoneとAndroidの2台と、ノートPCを持っています。

さらに、スマートウォッチ、自転車用の骨伝導ヘッドフォン、タグ・・・・。

それぞれの残りバッテリー残量、USBやlightingケーブルを持っているのか、

予備のバッテリーがあるのか。毎日気にするあまり、疲れて仕方ない。

モノを減らすとすっきりします。

 

打ち合わせの際、特に場の雰囲気が良い時、

相手は、自分が時間を気にしていることを、”気にさせない”ために

スマートウォッチ(消灯しているので)をみたり、スマホを取り出すのもできない。

良くない話の場合は良いけれども・・・。

一番気になっていて、

時計であれば、さらっと、下を見て左手を見れば良い。

 

ところが「FREDERIQUE CONSTANT」は、アナログに見えますが

時計はうまく撮れない。。。

1)バッテリーは1年

2)シックで質素。高級感がある。

3)スマホリンクやデジタルな機能に依存していないので、普通に使える。

自分が嫌だったことが全て解決しています。

 

アナログの針が教えてくれることと、

時計でメールを見てどうするの????という根本的な疑問を解決してくれています。

Bluetoothで接続をしていますが、いろいろな生体情報を保持して

スマホで集約する考えかた。

スティーブジョブスが生きていたら、AppleWatchにもっと哲学があったと思います。

 

また、デジタル表示も気になることがありまして、

18:30 は、今その時間を表示します。

アナログ時計は、1日24時間の中で、18:30を指すので、

計画や終わりにする時間に対して、視覚的に(針との間の距離を)視覚的に瞬間で理解することができます。

人が必要とする感覚にあっているような気がしております。

 

これであれば、いろいろアイデアが浮かびます。

何か、結果を表示する際に、瞬間デジタルで表示するよりも

答えを秒針や分針が動いて教えてくれた方が、重みがあるかもしれません。

 

まだまだ、スマートウォッチは過渡期。