Janet Jacksonのバラード、Let’s Wait Awhile(1986)

中学校で英語を習い始めた頃、1986年。

洋楽の歌詞の意味をなんとなくわかりはじめました。

自分を急がせないで?

簡単な英語だけれども、感覚を受け取ることは難しくて、

「自分たち」ではなく、自分たちを取り巻く世界の時間を急がせないで

という解釈だと思う。だから。ゆるやかに、沈める感じ。

歌詞だけでもなく、音の空間は

時代の空気と、雰囲気、人々。

抽象的になんとなくぼんやり思う。

昔の記憶はモノクロになると言われますが

曲が入口となって、

一層、当時の自分の音楽への感覚や、世界の見え方が蘇ってきます。

サウンドは、大好きなJimmy Jam & Lewisのプロデュースですが、

カラッと晴れたLAでもないくて、

煌びやかでデジタルな音はとても優しくて

モワモワしたリバーブ(お風呂のような、エコーやディレイ)

ヨーロッパな雰囲気です。

この曲もジャムアンドルイスですが、

アムステルダムの危ないホテルのカフェ、曇りの日々に聴いたhuman

ロンドンの寿司屋の甘い醤油とマグロ。

お店のスピーカーから聞こえてきたことなど、ぼーっと思い出します。

コンクリートに反射するFMラジオの音の雰囲気や

この時代の短波ラジオから流れる、SuperROCK K.Y.O.Iのノイズとか。

のんびりゆっくりというか、

メロディや和音だけではない、アレンジのような、ミキシングのような

ボーカルの声、歌詞、その時代の楽器、音像など

サウンドスケイプ(心象風景)なのだなと思います。自分はアイデアを出すときには、漠然とした言葉や色、並び方、写真など雰囲気や像からまとめていきます。

多分ゲームやらクリエイティブなり、多くの人を焚きつける、始めの一歩は

機能的な要件とは別に

抽象的漠然とした全体から、細部に落とし込んでいく。先のブログのように、なんとなくの像から、色から、言葉から、想像する人から、こんなゲーム、あんなサービスを作り出す。

利用するユーザーも、初めての何かを見るときは、言語的な細部からの解釈ではなく、点在していて、記号のような複合的な色、言葉、デザインの多くの人が持つ、暗黙知の総意ではないかと考えています。

ところで、自分も、昔作った曲を忘れているぐらいですが、1990年代-はゲームの作曲家でした。

テクノを作るのが苦手で、少々陰鬱間なのか、デッドかつグルーブ感が好きで

悶々と、曇りの日、雨の日のような。

この時代の雰囲気や空気にあっていたのか、

自分なりにこの頃のこの感じ。1990年代後半~2000年代前半ですね。

今の自分では作れないと思います。

ROLAND SPACE ECHOと、SP-1200、MPC-3000、JP-8000、AKAI S-900のLOWBITのストリングス

SAVIOR

CROSS FADE

5.1.1