仕事場を品川・港南口にしました。

自分の10代のモラトリアム期=1992年ですが

大井埠頭の港湾仕事でお世話になりました。

品川が最寄駅です。

油まみれで、パチンコ屋さんに入ったり、競艇も競馬も。

自分の将来どうなるんだろうと思うけれども、その日暮らし。貨物のチェックをする仕事をしてまして、とてもお世話になりました。

なつかしい。

今、品川の港南口はリニアモーターカーの工事をしています。

かわったなぁ!です

 

そして、最近

「忘れものをしなくなった」ことを忘れていました。そうです、忘れ物グセがひどかったのでした。

30代後半から起こりまして、

車をパーキングに忘れて、電車に乗るほどひどかった。

ところが、不思議と、治っているようです。

 

・10代後半から20代半ば頃の「なんとなく」な自分を取り戻したことと

・常識的な時間で働けていること

・いろいろな責務から解放された

・産業カウンセラーの勉強をして、メタ認知力が上がった。

・良い場所、良い人々、自分なりの直感や感性でフィルターをかけ、行動しだした。なんとなく、こりゃダメだなとか、これはいいねとか。

 

本当は「良くないけれども」

自分にとっては「良いこと」もあって

「気になること、引っかかることを突っ込む」ようになった。

最近は、「怒りっぽく」

なるほど、感情を「抑えず」、「出す」ようになったのでしょうか。

もともと、育った環境、家族が、体育会系、

「品川な10代後半の放浪期」は、若気の至りなのか、

喧嘩やフルボッコ、いきなりキレることが多く

(時効として・・・)

どこかにお世話になることが2回あった。そのトラウマがあります。

 

もちろん、今は、大人ですから

行動と発言に気をつけて

ある程度緩やかに調整をするのですが、

感情に任せて

嫌なタイプを近づけない、無理に全方位に広げないことを貫いてきました。

好き嫌いを、はっきりする。

そして、先の先を見据えて、計算高く、きついことも言う。いつか感謝されればいいやとか。

 

面白いことに、会社員時代の友達になるような人、

趣味や興味、関心が近い友人が戻ってきた、集まってきたような、体験。

不思議ですが、

特異で個性的な人、自分の周りから減ってきているように思いますし

何か、南雲ムカつく、となっているような気もします。

今まで、敵を作らなかったのですね。多分。

 

そのような自分の数年、個性的な環境を振り返り、執筆準備をしています。

もうすぐ締め切り。

本のネタを言い訳に、今の自分は少々「行きすぎています」が

「良くないけれども」「良いこと」

として、

振り子を連想して、行きすぎず、抑えず。

なんとなくバランスをとることですね。
品川は、自分にとってそのような場所です。