Pocket

半日勉強しました。

A post shared by Reo Nagumo (@reonagumo) on

学びながら過去を振り返ることが多いのですが

何かを伝えたり、考えたものを出したり、馬鹿をやったり、活動をする人生でして

多くの人とは違うけれども、とても満足をしています。

 

かつて、ゲームをつくり、音楽をつくり、健康なこと、アプリをリリースをして

結果、たくさんの人に提供するものを作れたこと、とても恵まれていたと思います。

納得がいくこと、愚直なことが、なにか切り開いたり、失敗したり、

自分の人生でした。

 

4年前から、このテーマについて当事者で、かつ素人ながらに学びまして、

いつしか、自分の学んだことが、次の世代に役にたてばと思っていました。

自分は、当事者側の立場から、世の中を見渡す役目に貢献ができればと思います。

 

最近、ダイバーシティ(多様性)と言われますが、

差別なく、本当に受け入れて、多くの人から見れば、

この個性的な人が働きやすくすることは、合理的に生産をして、結果還元することと考えます。

 

 

今の時代だからこそ、その気質が受け入れられていること

「まっすぐ」「正直」「精度が高い」こと。

極めることは、本当に向いています。

aiやクラウドにより、人知が軽減し、マジョリティが退化した際

どんなに、経済的な非合理性があっても、目的に貫く。

経済合理性に関係せず、ぶれないことも長所で

「障がいがなくなる」社会になる。本当に思いました。

明るい兆しとして、近年就労率が良い傾向になってきています。

 

一方、自分の子供の頃の失敗や経験を省りながら、長い間にわたって

自分が生きている限り「還元をすることは何か」を考えました。

正直であること、不器用で、誠実で真面目であることです。

融通が効かないとも、嘘がつけないとも言えます。

 

最後は、自分の気持ちに正直になることであり

傲慢でも、意味もなく、損得でもなく、自分そのままを受け入れること。

何か、自分の言葉に強さや、まっすぐさがないなと思うときは、正直ではないとも言えます。

心に愚直になろうと思い、時間を要しましたが

心が晴れたこと、感情に正直になって、今あることを完了させ

この問題に向かう。

最後の決心がつきました。

 

再び、当事者のから、臨床心理士の方から学ぶうちに、とても明るい未来があるなと思いました。

そして、自分は、フルリセットをかけて

ゼロから立ち向かおう、そのために正直で誠実こそ

再び、切り開けると思いました。

 

中間や間をとるようなことが大きかったのですが、中途半端はいけない。

心の靄が取れた気分です。